気になる脂性肌を効果的にケアするには?

投稿日:

脂性肌の方は、おでこや鼻などがテカテカと光ってしまいメイクもドロドロになってしまう……とお悩みのことも多いと思います。

見た目のデメリットだけでなく、

  • ニキビ
  • 黒ずみ
  • 毛穴の詰まり

などの肌トラブルがたくさん起きてしまうこともありますよね。

そんな脂性肌の方が綺麗なお肌を維持するためには、「スキンケアの基本を守ること」「自分の肌質にマッチしたスキンケアアイテムを使うこと」の2つが重要です。

この記事では、脂性肌の方に向けて正しいスキンケア方法を解説していきます。

肌のテカリや化粧崩れにお悩みの方はぜひ読んで頂けると幸いです。

脂性肌の効果的なケア3ステップ

化粧水:保湿効果と収れん効果のあるものをチョイス

脂性肌の大きな特徴として「過剰な皮脂の分泌」が挙げられます。

皮脂が多いとベタベタとテカってしまい、化粧崩れの原因になりますよね。

それゆえに、脂性肌の方はあぶらとり紙や皮脂防止系の下地、皮脂吸着パウダーなどのアイテムを使いがちです。

しかし、過剰に皮脂を取りすぎると逆に皮脂の分泌量が多くなるということをご存知ですか?

肌は自己防衛機能が備わっているので、皮脂を取りすぎると肌が自身を守ろうとしてさらに皮脂を出してしまいます。

こうなるとだんだん肌の水分&油分のバランスが乱れてしまい、いくら対策しても「表面がベタベタするのに肌内部はカサカサ」という肌のバリア機能が壊れた状態になりかねません。

肌のバリア機能が低下していると、テカリや乾燥だけでなく小じわや吹き出物などといった肌トラブルも増加してしまいます。

脂性肌の方でも、化粧水等のアイテムでしっかりと水分を補ってあげることが重要なのです。

しかし、乾燥肌と同じ化粧水を使うとたしかにベタついてしまいこれもよくありません。

「収れん化粧水」と呼ばれている化粧水は毛穴を引き締め、肌表面をさっぱりさせてくれるのでとてもおすすめですよ。(ただし、アルコールが多く含まれている化粧水は乾燥しやすいので注意が必要です)

手でもコットンでもOKなので、何回かに分けて重ね付けすることで肌が十分にうるおいます。

乳液:ビタミンC誘導体でお肌を健やかに

「化粧水は付けているけれど、乳液はベタつくから付けない」という方もいらっしゃると思いますが、これも良くありません。

上でも解説したとおり、脂性肌の方でも保湿というものはとても重要です。

顔全体につけるのではなく、目元や口元などの乾燥が気になる部分中心に付けてみてください。

また、脂性肌用の乳液を使うこともポイントです。

乳液は基本的に乾燥肌向けの商品が多く、脂性肌の方にとっては保湿効果が過剰過ぎる場合があります。

「普通肌用」や「脂性肌用」と書かれているものを選び、1回に出す量を調節しながら使ってみてください。

また、「ビタミンC誘導体」が配合されているものは皮脂の過剰分泌を抑え、明るくなめらかな肌に導く効果があります。

次にドラッグストアに寄ったときには、ぜひ乳液の効果の違いについてチェックしてみてくださいね。

美容液:毛穴引き締めタイプの美容液でなめらかな肌を実現

美容液には「保湿」「美白」「毛穴」「アンチエイジング」など効能別に分かれたスキンケア用品です。

化粧水や乳液のように肌を保護する目的のものとは少し異なり、美容液は各々の肌トラブルに対して集中ケアをするためのアイテムです。

脂性肌の方は、

  • 皮脂バランスを整える
  • 毛穴を引き締める
  • テカリをおさえる

などと書かれている美容液を選んでみましょう。

美容液はブランドによって様々なタイプがあり、「化粧水タイプ」「ジェルタイプ」「乳液タイプ」のものがおすすめです。

逆に、「オイルタイプ」や「クリームタイプ」のものはベタつきを増加させてしまうのでできるだけ避けるようにし、使う場合も目元のみなど場所を限定するようにしてください。

まとめ

世の中には乾燥肌向けのアイテムが多く、脂性肌の方は正しいスキンケア方法が分からず苦労することがありますよね。

安易に皮脂を取るだけのスキンケアをしてしまうと、さらに肌トラブルを悪化させてしまう可能性があります。

この記事を参考にし、脂性肌でも美しくすべすべの肌を保てるよう意識してみてくださいね。

Copyright© 【40代以上必見】画像あり!アイキララを使って効果実証→凄かった… , 2019 All Rights Reserved.