クマのせいで老け顔に見えてしまうあなたに対処法を伝授!

投稿日:

目の下にクマができてしまうと、実年齢よりも5~10歳は老けて見えますよね。

目の周りが暗いとアイシャドウの色も映えないし、なんだか元気が無いように感じられてしまいます。

そんなクマができてしまう原因は何か理解した上で、クマの対処法を考えていきたいと思います。

クマができる原因は何?

睡眠不足

クマに悩む人は、睡眠不足であることがほとんどです。

睡眠不足というのは、必ずしも睡眠時間が多いか少ないかで決まるわけではなく、どれだけ質の良い睡眠が取れたかが大切です。

好きな本を読んだり、お気に入りの入浴剤でゆっくりお風呂に浸かったりなど、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて実行してみましょう。

また、「ちゃんと寝られているはずなのにクマがある」という人は、寝る直前にもパソコンやスマートフォンを使っていたりしませんか?

液晶の光に含まれるブルーライトはとても強い光なので、自律神経に悪影響を及ぼして睡眠の質を低下させてしまいます。

より良い眠りのために、晩ごはんを食べたらパソコンやスマートフォンはできるだけ使わないようにしてみましょう。

疲れ目

クマは、とても目が疲れているときにもできてしまいます。

現代社会ではパソコンやスマートフォンは必要不可欠な道具ですが、どうしても目を酷使してしまいます。

休憩時間には疲れ目用の目薬をさしたり、遠くの景色を見るなどしてみましょう。

仕事が忙しい時でも時間を決めなるべく目を休めるようにしてください。

特に目が疲れているというときには、ホットアイマスクをしてみるのもおすすめです。

専用のアイマスクを持ってい無い方は、ハンカチやタオルを濡らして電子レンジで温めると、簡易的なホットアイマスクになります。

自分の好きな香りのアロマオイルを垂らすと、よりリラックス効果が期待できますね。

 

クマができてしまったときの対処

とりあえずメイクで隠す

気になるクマにゆっくり対処している時間がないときには、とにかくメイクで隠してしまいましょう。

メイク前の保湿はしっかり行って下さい。

ファンデやコンシーラーは、指で伸ばすのではなく叩き込むように塗るとむらなくきれいに隠れます。

裏技としては、オレンジ色のクリームチークやパウダーチークをうっすら使うと、クマの暗い色と打ち消し合って明るい目元になることができますよ。

仕上げにパール系のパウダーを叩けば崩れにくくなり、レフ板効果できれいに見えます。

ただ、メイクで隠す方法は一時的な対処法に過ぎないので、正しいケアでクマを根本から消していきましょう。

アイクリームでケア

フェイスクリームや美容オイルなど、保湿効果の高いスキンケアは様々ありますが、クマを消したいなら「専用」のアイクリームを使うことがおすすめです。

全顔用のクリームだと、目元に対して保湿力が足りなかったり、必要な成分が含まれてないことがあります。

専用のクリームなら、皮膚が薄くてダメージを受けやすい目元も優しくカバー。

特に乾燥する日は、化粧直しの際に塗るとしっとりしてとても良いですよ。

正しい生活習慣を心がける

最終的にいちばん大切なのが、正しい生活習慣です。

丁寧にスキンケアを行い、体のことを考えた食べ物を摂り、たっぷりと質の良い睡眠を取ることで肌のターンオーバー力が高まります。

肌の生まれ変わりには1ヶ月前後かかり、年齢と共にその期間は伸びていきますので、今対処しないとなかなかクマが消えない……ということになってしまいます。

今日は、早めに家に帰ってすぐにベッドに横になれるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ:クマを消して若々しくなろう!

クマの原因や対処方法についてわかりやすくお伝えできたでしょうか。

クマがあると、鏡を見るたびになんだか気分まで落ち込んでしまいますよね。

クマが消えれば、かなり若々しくイキイキした顔になるはずです。

メイクやファッションを全力で楽しむためにも、クマを消せるよう日頃の生活から工夫してみて下さい。

Copyright© 【40代以上必見】画像あり!アイキララを使って効果実証→凄かった… , 2019 All Rights Reserved.