あなたの肌タイプは?3種類別のスキンケア方法

投稿日:

毎日ちゃんとスキンケアを行っているのに、思ったより結果が出ないという方。

良いっておすすめされたアイテムなのに、自分には効果が感じられないという方。

まず、自分の肌質をチェックすることから始めてみましょう。

実は、肌質によって適切なスキンケア方法というのは大きく異なるのをご存知ですか?

自分に本当に適したスキンケアを行わないと、肌がきれいにならないばかりか、逆に肌を痛めてしまうおそれもあります。

美肌を実現するためにも、自分の肌質を見極めて正しいスキンケアを行えるようにしましょう。

乾燥肌・混合肌・脂性肌別のスキンケア方法

ここでは、肌のタイプを乾燥肌・混合肌・脂性肌の3つに分けて解説をしていきます。

それぞれの文章を読み、自分に一番あてはまっていると感じたタイプのケアを行って下さいね。

乾燥肌:とにかく保湿命!!

乾燥肌の方は、化粧水をたくさん塗ってもカサカサしてしまったり、粉を吹いて化粧ノリが悪くなってしまったりと困りますよね。

なぜ乾燥肌になってしまうのかというと、紫外線やストレスなど様々な影響で肌のバリア機能が壊れてしまうからです。

肌のバリア機能が壊れると、潤いが逃げ出してさらにダメージに弱い肌になります。

肌はダメージを受けると、その部分を修復しようとして未熟な細胞をたくさん作り出します。

未熟な細胞だと、普通の細胞よりも肌を守る機能が弱いので、さらにダメージに弱い肌表面になってしまうという悪循環に陥るのです。

このとき、間違ったスキンケアや雑なスキンケアを行うと、肌が突っ張って赤らんだり、ヒリヒリと傷んでしまうことがあるので注意して下さい。

乾燥肌の方は、肌のバリア機能をサポートし、優しく潤いを守るようなケアが重要となってきます。

ヒアルロン酸・コラーゲン・セラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水を選んでみて下さい。

そして、化粧水だけだと塗った水分や美容成分はすぐに乾燥してしまいますので、必ず乳液やクリームを用いてフタをして下さい。

化粧水で肌に潤いを与え、乳液やクリームで守ることによって、保湿・美容効果をさらに高めることができます。

また、スキンケアアイテムを選ぶ際には、「低刺激性」、「パッチテスト済み」、「アレルギーテスト済み」などの表記があるものにしましょう。

混合肌:パーツごとに適切なケアを

頬や目元は乾燥しているのに、額や鼻などのTゾーンは皮脂が出てベタベタするという方は、混合肌と呼ばれる肌タイプである可能性が高いです。

季節やホルモンバランスの変化によって、一時的または周期的に混合肌になるという方も少なくないです。

混合肌はケアが難しい肌タイプではありますが、パーツごとに適したケアを行っていけば大丈夫です。

まず、化粧水で保湿することは忘れないで下さい。

肌に水分が足りないと、皮膚は皮脂を分泌して肌を守ろうとしてしまいます。

次に、ベタつく部分のみに収れん化粧水をはたきましょう。

パウダー入りの化粧水や、引き締め成分が配合された化粧水をTゾーンのみに塗ることで、ベタつく部分だけサラサラにすることができます。

そして、乾燥する部分にクリームを塗って保護しましょう。

少し手間はかかってしまいますが、丁寧にケアすることによって混合肌の方でも美肌に近づくことができます。

脂性肌:油分と水分のバランスが大切

脂性肌の方は顔全体の皮脂の分泌が活発で、肌がギトギトするだけではなく毛穴の黒ずみやニキビなども引き起こしがちです。

脂性肌は生まれ持った性質もありますが、脂っこい食事や不規則な生活でなってしまうこともあります。

脂肪分の多い食事を避け、よく睡眠を取るなど、まずは生活習慣を見直してみて下さい。

化粧水をさっぱりしたものに変え、乳液やクリームを必要以上に塗りたくっていないか気をつけましょう。

ヒアルロン酸やグリセリンなど、ある成分と相性が悪くて脂がでてしまっていることもありますので、できるだけシンプルなスキンケアに近づけてみて下さい。

ここで気をつけていただきたいのが、保湿を疎かにしてほしくないということです。

肌は水分が不足すると油分を出してしまいますので、保湿はしっかりと行った上で、自分に必要なアイテムを取捨選択していくというわけです。

保湿が不足してしまうと、肌表面は脂でテカっているのに肌の内部は乾いているといったインナードライ肌になってしまうことがあります。

10~20代の若い人は脂性肌タイプが多いですが、年齢を重ねるにつれて肌タイプが変化することもあるので注意しましょう。

 

まとめ:正しいケアで美肌を叶えよう

肌タイプによって、適切なケアは変わっていくということがお分かりいただけましたか?

乾燥肌・混合肌・脂性肌に共通して大切なポイントが、保湿をしっかり行うということです。

お肌が乾燥してしまうと、様々な肌トラブルのもととなってしまいます。

しっかりとお肌の潤いを守った上で、自分に適したスキンケアを見つけていきましょう。

Copyright© 【40代以上必見】画像あり!アイキララを使って効果実証→凄かった… , 2019 All Rights Reserved.