うっかり日焼けしちゃった!そんなときのケア方法を紹介

投稿日:

美肌を保ちたい女性にとって一番の大敵は「紫外線」ですよね。

乾燥・シワ・シミ・くすみ・たるみなどの肌トラブルは、紫外線によるダメージが原因であることがとても多いです。

それでも、うっかり日焼けしてしまった……というときのためにアフターケア方法を覚えておきましょう。

また、日焼けをしないために有効な対策方法も前もって知っておくと良いですよね。

この記事では、

  • 日焼けしてしまったときのアフターケア方法
  • 日焼けを防止するために気をつけるポイント

この2つについて解説していきます。

日焼けのアフターケア

油断してたら日焼けしてしまった!!というときには、すぐにケアを行いましょう。

時間が経てば経つほどダメージは進行し、ケアが追いつかないことがあります。

まずは肌をクールダウン

日焼けをすると、肌が赤く色づいたり、ほてったように熱くなったりしますよね。

肌が赤くなっているということは、肌がやけどをしているのと同じ状況です。

濡れタオルや保冷剤などですぐに冷やすようにしましょう。

また、塗ってある日焼け止めやメイクなどは刺激となりますので、優しく落とすようにしてください。

保湿をしっかり行う

紫外線を浴びると肌の角質層にもダメージが加わるので、肌内部の水分や潤いが逃げてしまいやすくなります。

普段よりも念入りに保湿を行うようにしましょう。

まず化粧水ですが、肌の炎症をしずめる成分が入っているものをおすすめします。

  • カミツレエキス
  • アロエエキス
  • ビタミンC誘導体

これらが入っているものは鎮静効果が期待できます。

アルコールが入っているものはひんやりとした感触でつい使いたくなってしまいますが、成分的に乾燥しやすくなるので注意が必要です。

日焼けした部分には化粧水を重ね塗りし、しっかりと水分を与えていきます。

その後は乳液やオイル等を重ねて、水分や潤いが蒸発しないように蓋をします。

コットンパックやシートパックなど、肌に刺激を与えない範囲内で取り入れるのも良いでしょう。

油分と水分をバランスよく補充することで、ダメージを受けた肌が回復しやすくなります。

水分・ビタミンを積極的に摂取

日焼けした日には、外側からの水分補給だけでなく内側からも水分補給をしましょう。

1.5~2リットルを目安に、こまめに水を飲んでいきます。一度にがぶ飲みしても効果が増えるわけではないので、小分けにして飲むのが大切です。

また、食事内容に気をつけて、ビタミン各種がしっかりと摂取できるようにします。

脂っこいものは避け、野菜や果物などを積極的に食べるようにしましょう。

タンパク質やコラーゲンも適度に摂るのも良いと思います。

メニューを考えるのが難しいという方は、ビタミン剤やドリンクを利用するのも手です。

マルチビタミンのサプリメントは、数粒で全てのビタミンが摂れるのでとても便利ですよ。

今すぐしたい日焼け対策

日焼け後のケアはとても大変だということがお分かりいただけたと思います。

日焼けしてしまう前に対策を取ることで、肌ダメージもかかる手間もかなり少なくすることができます。

ここでは、日焼け対策について日常に取り入れやすいポイントに絞って解説していきます。

一番の対策は物理的遮蔽

普通、紫外線対策というと日焼け止めを塗る方が多いと思います。

しかし、日焼け止めは汗や摩擦などで落ちてしまい、1日中効果が続くわけではありません。

しかも女性はメイクをする方が多いと思いますので、しっかりと塗り直すわけにも行かないですよね。

そこでおすすめしたいのが「物理的遮蔽」です。

日傘・帽子・手袋・カーディガン・アームカバーなど、布で覆うことで紫外線を浴びる量は格段に減少します。

日傘や帽子を使っている方も多いと思いますが、買うときにはぜひ紫外線のカット量に注意してみてください。

初夏になると、ホームセンターなどでUVカット効果のある布用スプレーが販売されています。自分の手持ちの傘にスプレーしたり、何回か使った日傘にスプレーしたりなど色々と便利です。

サングラスをかけると効果UP

街中でサングラスなんてちょっと恥ずかしい……と思っている方。

サングラスをかけることで、日焼け防止効果がさらにアップするってご存知ですか?

そのメカニズムを簡単にご紹介すると、目から紫外線が入ると脳が反応し、肌にメラニン色素を作れ!という命令が渡ります。

肌にメラニン色素が増えると、日焼けだけでなくシミやソバカスなどの肌悩みにつながるのはもうお分かりですよね。

サングラスや眼鏡をかけるときには、UVカット効果(できれば99%以上)のものを選ぶのをおすすめします。

飲む日焼け止めで内側からブロック

日焼け止めは塗るだけでなく、最近は飲むものも発売されているのをご存知ですか?

塗る日焼け止めだとムラができたり、時間が経つにつれて落ちてしまったりしますが、飲む日焼け止めならその心配はありません。

あらかじめ飲むだけで、顔だけでなく体全体をケアしてくれるのでとても楽チン。

塗る日焼け止めや日傘と組み合わせることでさらに紫外線防御できますよ。

まとめ

日焼けした後のケア方法や今どきの紫外線対策についてご紹介しました。

今日焼けに気をつけるだけで、10年後20年後の肌状態はかなり違ったものになります。

いつまでも綺麗な肌を保ちたい!という方はぜひ気をつけてみてくださいね。

Copyright© 【40代以上必見】画像あり!アイキララを使って効果実証→凄かった… , 2019 All Rights Reserved.