美肌を保つ秘訣は「皮脂」!?皮脂量をコントロールするには?

投稿日:

カサカサが気になる乾燥肌、ブツブツが気になるニキビ肌、テカテカが気になる脂性肌……人それぞれ肌悩みは尽きませんよね。

ツルツルで美しい肌をずっと保ちたいと思っているなら、「皮脂量をコントロール」することがとても大切になってきます。

この記事では、

  • 皮脂の量を適切にするには
  • 乾燥がちな肌を改善するには
  • 毎日のスキンケア方法

などに関するtipsをご紹介していきます。

肌トラブルに悩んでいる方にとってとても参考になることを書いていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

皮脂の量は多すぎず少なすぎず!

「皮脂」とは、皮脂腺から分泌される油中心の成分です。

テカリやメイク崩れの原因としてあまり良く思われない皮脂ですが、肌の表面に薄い被膜を作り肌を保護する大切な役割を持っています。

そのため、

  • 皮膚の分泌量が少ない
  • 洗顔やあぶらとり紙で皮脂を取りすぎる
  • 皮脂を吸着するコスメをたくさん使う

こういったことが原因で肌のバリア機能が低下し、乾燥や紫外線などによる肌ダメージがより大きくなってしまうことも。

健やかで美しい肌を育てるためには、ちょうどいい量の皮脂が必要不可欠なのです。

理想的な肌になるためには「皮脂」が大切

様々にある肌質の中でも、特に「普通肌」と呼ばれる肌が最も理想ですよね。

普通肌は皮脂の量が多すぎず少なすぎず、水分と油分の割合もバランスよく整い、つややかで健康的な印象を与えます。

しかし、若い頃は普通肌の方でも、30代後半を過ぎた辺りで皮脂量が過剰になってしまうことも。

女性の体にはホルモンバランスが大きく影響しており、いわゆる「更年期」が近づいてくると皮脂の分泌を司るホルモンが乱れてしまうことで皮脂量が増えてしまうと言われています。

また、加齢によって肌の水分量も減少していきます。

角質層の中には細胞間脂質という物質が存在しているのですが、その中の水分保持力をもつ「セラミド」という成分が加齢に伴って減っていくことが原因です。

また、50代後半になり更年期が過ぎると、今度は皮脂の量がガクンと落ち、乾燥による肌荒れが気になるようになります。

このように、女性は年齢によって肌状態が大きく変化していくことがご理解いただけましたか。

これに加え、普段の生活習慣や食生活も密接に関わってくるので、さらに肌状態のバリエーションは増えていきます。

人によって肌状態の変化は個人差が大きいので、肌の状態を綺麗に保つためには自ら注意して肌を観察し、適切なスキンケアを行っていくことがとても大切です。

皮脂の量をコントロールする方法とは?

皮脂が多いと感じている方

皮脂が多くて悩んでいるという方は、まずは脂性肌用のコスメに切り替えてみましょう。

ハマメリスエキスやキュウリエキスの配合された化粧水は引き締め効果があり、ノンコメドジェニックテスト済のコスメはニキビができにくいとされています。

また、保湿しつつ皮脂を抑える化粧下地も販売されていますので、Tゾーン中心に使っていくのが効果的です。

ここで注意していただきたいのが、「乾燥性脂性肌」の存在です。

乾燥性脂性肌はインナードライ肌とも呼ばれ、肌表面は皮脂でテカっているのに肌内部は乾燥しているという一見矛盾した肌質です。

あまり皮脂を取りすぎるケアを行ってしまうと、肌は失われた皮脂を補おうと余計に過剰な皮脂を分泌してしまいます。

皮脂をとった直後から肌内部の水分は蒸発していき、その後から皮脂が分泌されるため、肌は全くうるおわず、表面だけベタベタするという状態になってしまうのです。

そのため、脂性肌用のケアを行っているのに一向に改善しない……という方はインナードライ肌を疑ってみるのが良いでしょう。

脂性肌の方もインナードライ肌の方も、適度な保湿は必要です。

どうしてもニキビや角栓が気になるという場合は、化粧水のあと乾燥しやすい目元や頬中心に乳液やクリームを補ってあげるといった方法がおすすめです。

皮脂が少ないと感じている方

乾燥に悩んでいる方も、一度自分のスキンケアアイテムを見直してみると良いでしょう。

化粧水と乳液で終わらせず、クリームや美容オイルは保湿力が高くておすすめです。

  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • コラーゲン

といった成分が配合されたスキンケアアイテムを中心に選んでみるのもいいですね。

洗顔料やクレンジングも、洗浄力が強すぎると必要な皮脂や角質まで取り除かれてしまいます。

肌に優しいミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを選び、ポイントメイクのみ専用のリムーバーでそっと落とすようにしましょう。

濃いメイクは強いクレンジングを使わないといけないため、できるだけ薄いメイクにするということも心がけてください。

年齢肌に悩んでいる方

年齢肌は外側からのケアだけでは不十分な場合があります。

肌を作っているコラーゲンやたんぱく質を多く含む食品を積極的に食べるようにしましょう。

もちろん、体の調子を整えるビタミン・ミネラルも忘れずに。

また、こまめに水や白湯を飲み、体の内側から水分量を補ってあげると良いです。

きちんと水分を取っていると、リンパや血液のめぐりも促進され、老廃物が洗い流されやすい健やかな肌に導かれますよ。

まとめ

肌トラブルに悩んでいる方は多いですよね。

しかし、人それぞれ異なる肌質に対して、市販の化粧品だけでは実際不十分な場合がとても多いです。

自分の肌状態をしっかりと見極め、自分に合ったケア方法を見つけることが美しい肌への近道だと言えます。

Copyright© 【40代以上必見】画像あり!アイキララを使って効果実証→凄かった… , 2019 All Rights Reserved.